そのまま封筒|今お使いの封筒を、デザインそのまま作成いたします

そのまま封筒

そのまま封筒印刷は、今お使いの封筒をデザインそのままで作成するサービスです。今お使いの封筒をお送りください(初回注文はご郵送ください)原稿作成料は無料にてお送りいただいた封筒を原稿として当店で新しくレイアウトし、印刷します。
 
※ロゴマーク作成料は含まれておりません。ロゴマークがある場合は、別途データをお送りいただくか、清刷(綺麗に印刷されたもの)をお送りください。

電話番号

〒135-0023 東京都江東区平野4-2-2
FAX 03-3643-0068

メール問い合せ

クリックすると利用のメーラーが立ち上がります

フォーム問い合せ

クリックするとフォームに移動します

そのまま封筒ご注文までの流れ

注文かた印刷発送まで

ステップ①-見本の郵送

専用申込書(PDF形式)をダウンロード後ご記入いただくか、専用フォームに入力のうえ、今お使いの封筒を郵送ください。

ステップ②-見積り書送付

見本がお客様から到着しましたら、当店より見積り書をメールにて送付させていただきます。

ステップ③-注文・校正作業

見積り金額にご了承いただきましたら確定となります。校正作業(印刷イメージ作成)に入ります。
完成しましたらメールにてお送りさせていただきます。

ステップ④-校正完了・入金

校正がとどきましたら封筒色、印刷色、レイアウト、文字の誤字がないかどうか確認ください。
確認が完了しましたら当社へメールにてご連絡ください。
お支払いが「銀行振込み」のお客様はこの時点で入金処理してください。

ステップ⑤-印刷・発送

当社にて入金確認後、印刷作業にはいります。完成後、発送させていただきます。
お支払いが「代引き」のお客様はお荷物受取時に宅配便のドライバーにお支払いください。
 
そのまま封筒専用申込書ダウンロード(PDF形式)⇒ sonomamafuto.pdf

■ご用意いただくもの
封筒をお送りいただく際に下記項目をご用意・ご記載ください。
①現在お使いの封筒 
 ※ロゴマークが印刷されている封筒につきましては「ロゴマークが封筒に印刷されている場合の注意点と入稿方法について参照ください。
送付先:〒135-0023 東京都江東区平野4丁目2番2号 巧陽社株式会社 鈴木宛 
電話番号:03-3643-7652 FAX番号:03-3643-0068

 

かんたんな内容でしたらフォームからでもご依頼いただけます

封筒の印刷内容が簡単な場合は(文字のみ、封筒の厚さカラーが特定しやすい)、または封筒の種類や注文枚数が決まっているお客様は現物を郵送頂かなくても以下フォームより必要事項を記入のうえ、お使いの封筒写真を撮ってお送りください。送信後不明な点がみつかりましたら、こちらからご連絡差し上げます。

そのまま封筒ご注文までの流れ

①印刷色について

封筒に使用されている指定色をもとにインキを調合して印刷します。(有料:1色につき1,500円プラス)
当店の基本色で作成の場合は追加料金はかかりません。
刷色は1色印刷から2色印刷までの対応となります。(フルカラー印刷は対応しておりません)
※印刷色については印刷見本の色にインキ合わせるため、使用する封筒の色、及び技術的な問題で仕上がりに若干の誤差が生じます。あらかじめご了承ください。
※特色のインキ指定(カラーチップ)のある場合はご指定ください。

②封筒の種類

封筒の色やサイズが判らなくても、封筒の種類は、お客さまから送られてきた封筒の見本をもとに当店で選定します。
※既製の封筒以外で、封筒の種類によっては対応できない場合もございます

③印刷書体について

お客さまから送られてきた封筒の見本をもとに、当店の既存のフォントで代替し、再作成します。

④印刷可能範囲について

印刷機械の技術的な問題で封筒に印刷できない箇所があります。封筒のクワエ部分(紙を挟む部分)10㎜と周り3㎜の余白を必要とします。デザインイメージ(校正)は、メール添付(PDF形式)にてお送りしてご確認いただきます。
 
ただし、FAXだとカラーイメージがお伝えできませんので、カラーイメージでお伝えできるPDFで作成したデータで確認していただくことをおすすめいたします。訂正がある場合は、ご指示いただいた上、メールまたはFAXにてご返信下さい。

※校正は原則として2回までとなっております。3回目以降は再校正代として追加料金1,000円かかりますのでご注意ください。また本紙による色校正は原則としておこなっておりません。

ロゴマークが印刷物しかない場合

対応できる印刷物

 
1.清刷りなどのきれいに印刷された印刷物(返却いたします)
2.清刷り意外のきれいに印刷された印刷物(パンフレット、封筒、名刺など)

対応できない印刷物

対応ができない印刷物

1.輪郭がぼやけている印刷物(コピー)
2.輪郭がギザギザしている印刷物(FAX)
3.グラデーション(濃淡)がある印刷物
4.ロゴの下に模様の入った印刷物(網掛けなど)
 
※清刷以外の印刷物にてロゴマークをスキャンして使用すると、刷り上がり印刷物の品質に影響します。
ロゴマークを綺麗に印刷するにはデータ(イラストレーターデータ)を頂くのが一番です。
※清刷り以外は基本的に返却いたしません。清刷りは納品の際に返却させていただきます。

ロゴマークがデータである場合

対応データ形式

  • イラストレーター(Adobe Illustrator)CS3以下、ai形式またはeps形式、で文字はアウトライン化してご入稿ください。(メール添付にてお送りください)
  • Jpg・Tiff形式などの画像は画像解像度にご注意ください。印刷に不向きな画像データと当店が判断した場合は、ご相談させていただく場合がございます。
  • 基本的に、当店でデータを修正・変更することは原則としておこなっておりません。

対応できないデータ形式

マイクロソフト社のワード・エクセル・パワーポイントに添付での入稿は対応しておりません。

メールで添付ファイルとしてデータをお送りください。

容量の大きなファイル、複数あるファイルはできるだけフォルダを作成していただき圧縮してお送りください。(sitファイルzipファイルなど各圧縮形式に対応しております) 
 

入稿データはアドビ社のドローソフト イラストレーターで作成したデータをいいます。このソフトは印刷業界ではポピュラーなソフトです。当社もこのソフトを利用して封筒のデザイン作成しておりますが、一般的な法人、個人の会社ではこのソフトを購入して使用することはあまり機会がないかのもしれません。このため、イラストレータを利用して、封筒のデザインデータをお客様自身で作成するというのはかなり困難なことかもしれません。しかしながら、ロゴマークに関しては、起業時に社用のパンフや徽章を製作したときに外注にてデザイン会社に頼んだ記憶はないでしょうか。ほとんどの場合は専門業者はイラストレーターで作成しているので、そのロゴデータはお客様自身または担当者様が保管しているか、依頼したデザイン会社のもとにあると思われます。ご注文の前に一度、保管の有無の確認をしてみてはいかがでしょうか。

不明なことは、お気軽にお尋ねください。
JIM封筒 web担当 鈴木 E-Mail info@jimfuto.com  電話番号:03-3643-7652

会員登録
ポイントプレゼント
始めての方へ
重要
送料無料
リピート注文

当店のスタッフが注文履歴を調べて解決、お電話でもOKです。

売掛販売
問い合せ
メール問い合せ
フォーム問い合せ
お役立ちブログ
おススメ商品
ミエナイ封筒
ヨミニクイ封筒